徳島大学におけるオープンアクセスに関する方針


オープンアクセスとリポジトリ

オープンアクセスとは、学術研究成果を、インターネットを通じて誰でも無料でアクセスできる状況に置くことをいいます。

オープンアクセス化を推進する流れは国内外で進んでいます。国内においては、第5期科学技術基本計画において我が国の基本姿勢として位置付けられたほか、科研費事業においても推奨されており、チェック項目のひとつになっています。

徳島大学は、平成28年1月19日に「徳島大学におけるオープンアクセスに関する方針」を裁定し、「徳島大学は教職員の研究成果を徳島大学機関リポジトリによって公開する」という姿勢を示しています。

徳島大学の研究戦略>オープンアクセス

解説:徳島大学におけるオープンアクセスに関するガイドライン

徳島大学の構成員がオープンアクセス化を行うにあたっての基礎知識や手続き等をまとめた解説資料(6p)です。

ぜひご一読ください。