ID 112185
タイトル別表記
A study on the characteristics of Irish youth work and the involvement of adults : The case study of some good practices from a lifelong learning perspective
著者
資料タイプ
紀要論文
抄録
本稿は,欧州の生涯学習機関における若年者支援事業のあり方に関する調査研究の一環として,2011年5月中旬にアイルランド共和国で実施した若年者支援団体に関する現地調査の成果を概括したものである。同国は,EU域内諸国の中で国民の平均年齢が最も若く,25歳以下の若者が国民全体の1/3以上を占め,現在も人口が増え続けている。若年者支援事業にも,あらゆる対象者に沿った幅広い活動が用意されており,若者の自発的意思を尊重し,大切に育てている空気感が社会全体にある。本稿は,同国における数多い若年者支援団体の中でも,Foróige及びInspireと呼ばれる任意団体を取り上げ,代表的なプログラムの内容をもとに,とりわけ生涯学習の観点から,成人がどのようにかかわっているかに注目しつつ,考察を試みる。
アイルランドでは,1990年代後半以降,「ケルトの虎」と呼ばれる経済的な活況が続いていたが,次第に欧州に蔓延する財政危機の影響を受け,2008年以降経済不況に陥り,若年失業率も上昇した。しかしながら,公的機関ではなく任意団体による若年者支援事業が一般的なアイルランドにおいては,直接的な影響を受けず,多くが活発な活動を継続している。活動に参加する若者は,各種の事業を自主的に選択し,自分に合った方法で活用し,有意義な時間を過ごしている。このプロセスにおいて,各機関のスタッフ,ボランティア,一般市民,労働市場の雇用者,青年期の諸問題を扱う専門家ら,異なる立場の成人が,彼らを直接的あるいは間接的に支援している。異なる世代の人々がいかに互いを支え合えるのか,そしてそれはいかに社会に活力を与えうるのか,アイルランドの事例は一つの先例を示しているように思われる。
抄録別表記
This paper briefly outlines the development and current features of Irish youth work, focusing on the involvement of adults. It was based on the individual research trip that was funded by the Japanese government and conducted by the author in mid-May, 2011 through her personal visits to Foróige and Inspire, two leading youth work organisations in Ireland which have been providing a variety of programmes for young people. Looking through a number of different programmes and projects provided for young people in Ireland, it is clear that there is room for adults to take part in from various perspectives, such as volunteers, specialists who possess professional knowledge, full-time staff employed by such youth organisations, and donors in the communities etc. This has resulted in the creation of a direct and/or indirect intergenerational learning atmosphere, though it is still entirely up to each of the individual young people whether or not they take up any of these programmes. Though Irish youth work has particular characteristics in many points, it has enormous implications for the current state of Japanese society. It is envisaged that issues of young generation in Japan should be treated more deliberately and comprehensively in association of the issues of low birthrate and aging society. From a lifelong perspective, the lesson from Ireland has given an insight on how we could revitalise society by introducing appropriate measures for young people.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
21
開始ページ
23
終了ページ
44
並び順
23
発行日
2012-03-31
EDB ID
246471
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
大学開放実践センター