ID 327
タイトルヨミ
オウシュウ ニオケル learning region ガイネン ノ シュツゲン ト コンニチテキ イギ : ショウガイ ガクシュウ ネットワーク ノ コウチク オ トオシタ チイキ カッセイカ ノ ツイキュウ カラ ミエテクル モノ
タイトル別表記
The emergence of 'learning region' in Europe and its contemporary meanings : Some findings from the actions being taken for local regeneration through the development of regional networks for lifelong learning
著者
資料タイプ
紀要論文
抄録
本稿は,2000年以降飛躍的に推進が図られている欧州の生涯学習政策とその実践の中でも,特に行政的な区画としでの地域の枠組みを超えた,新たな「地域」の活性化を目指して実施されている事業として,近年注目されている'learning region'と呼ばれる概念の出現とその発展を取り上げ,その背景となる欧州における「地域」のとらえ方,政策的位置づけ及び同概念が具現化されてきた経緯を検討することにより,それがいかに欧州における新たな生涯学習のネットワークとして意味があるのかを考察することを目的とする。'learning region'という概念は,90年代後半に初めて有識者間で取り上げられるようになったが,欧州においてその普及が見られるのは2000年に採択されたリスボン宣言以降,EUレベルでの生涯学習政策が大規模に推進されるようになってからのことである。2003年から2004年にかけて実施されたR3Lと呼ばれるパイロット・プロジェクトを契機として,様々なテーマをもとにしだ'learning region'が普及するとともに,地域間での連携も多くみられるなど,新たな生涯学習のネットワークが構築される中で,今日それぞれの地域の活性化や再生が多様な形態で進められている。こうした動きに伴って,現代社会の求める地域的な学びの意義が欧州域内で問い直されつつあることは,大いに示唆に富むものである。
抄録別表記
This paper examines the emergence of the concept 'learning region' and its development, together with its conceptual framework, background issues to the discussion on 'locality', location within the recent political framework and overall tendency and meanings. In so doing, the study intends to consider in what sense 'learning region' is meaningful as a drive for developing European lifelong learning network and how it has been effective for renewing the existing regions and/or localities. Though the concept of 'learning region' first appeared in the mid-1990s, it has begun to be widely deliberated since 2000, when the European policy towards education and training was reinforced within the new framework which was proposed through the Lisbon Strategy. The practice of 'learning region' was widespread through the pilot project called 'Regional Networks for Life-long Learning/R3L initiative' which was started in the April 2003 and culminated in December 2004. As a positive result of this project, various forms of network among local and regional actors through lifelong learning projects have been observed, and they have triggered local/regional regeneration to some extent. It is highly suggestive that the concept and methodologies of learning is being readdressed in contemporary society by these new approaches.
掲載誌名
徳島大学大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
18
開始ページ
51
終了ページ
64
並び順
51
発行日
2008-08
備考
公開日:2010年1月24日で登録したコンテンツは、国立情報学研究所において電子化したものです。
EDB ID
225890
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
大学開放実践センター