アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 113717
タイトル別表記
Management of dysgeusia and dysosmia caused by chemotherapy
著者
瀬部, 真由 徳島大学
別府, 香名 徳島大学
渡辺, 涼乃 徳島大学
尾平, 優 徳島大学
キーワード
味覚障害
嗅覚障害
化学療法
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
がんの化学療法中に味覚・嗅覚障害は頻繁に生じ、患者のquality of life(以下、QOLと略)だけでなく、体重低下や栄養状態の悪化を引き起こす深刻な副作用である。しかしながらこれまで確立された治療法や予防策はなく、食事内容や形態の工夫が主な対処法であった。味覚障害は薬剤による亜鉛のキレート化が原因であるとされているが、これに加えて味覚受容体遺伝子の発現変化や口腔粘膜障害の影響も報告されている。本稿では、化学療法中に生じる味覚・嗅覚障害の実態とともに、これに対する栄養的なアプローチを紹介する。
掲載誌名
日本静脈経腸栄養学会雑誌
ISSN
21890161
2189017X
cat書誌ID
AA12716548
出版者
日本静脈経腸栄養学会
33
4
開始ページ
1019
終了ページ
1024
発行日
2018-10-20
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系