ID 110993
タイトル別表記
NECESSITY OF A TIME LINE OF FLOOD DISASTER IN SOCIAL WELFARE FACILITY
著者
渡辺, 一也 秋田大学
キーワード
time line
flood disaster
social welfare facility
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
本研究は,過去に被災した施設の事例から,要配慮者利用施設のタイムラインの設定を試みた.調査方法は,近年の豪雨で被災した5施設を対象に聞き取りを行うと共に,水位計データ等から浸水状況を明らかにした.避難行動と浸水状況を整理し「いつ」に注目して課題検証した.2014年台風11号による那賀川の氾濫で浸水した特養S荘を対象に上流部の川口ダム放流量と水位計データから特養S荘付近の水位変化の相関関係を分析結果,ダムの放流情報が行動開始の目安になることが分かった.また,特養S荘と支援機関の関係を整理し,事業継続におけるタイムラインの共有化の必要性を示した.
抄録別表記
This research was tried setting a time line of flood disaster in social welfare facility. Investigation methods are an interview to 5 welfare facilities and analysis of data of the water level. 3 cases of readiness time was longer than evacuation time was safer. The time line indicated a country and a prefecture can't be applied to a social welfare facility, Because the target is a resident. The social welfare facility should have the original standard of evacuation behavior.
掲載誌名
土木学会論文集F6(安全問題)
ISSN
21856621
出版者
公益社団法人 土木学会
71
2
開始ページ
I_47
終了ページ
I_54
発行日
2015
権利情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系
環境防災研究センター