アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 114438
タイトル別表記
Quantitative Elemental Analysis Using Long-Short Double-Pulse Laser Induced Breakdown Spectroscopy
著者
Wang, Zhenzhen Xi’an Jiaotong University|Tokushima University
Cui, Minchao Xi’an Jiaotong University|Tokushima University
藤田, 裕貴 徳島大学
田中, 誠也 徳島大学
キーワード
laser-induced breakdown spectroscopy
long and short double pulse LIBS
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
鉄鋼プロセス,ボイラなどの様々な産業プロセスにおいて,物質の元素組成をリアルタイムで計測可能な技術が求められている.鉄鋼プロセスでは,鉄鉱石,コークス,石灰石などを原料として,鋼板などを製造する過程で各プロセス中の成分組成を計測することが求められ,溶融金属の組成などをリアルタイム制御することなどが重要となる.しかし,現在まで,これらの産業プロセスで元素組成をリアルタイムで計測可能な技術や装置は実用化されていない.レーザーを用いた非接触,リアルタイム計測方法として,レーザー誘起ブレークダウン分光法(Laser Induced Breakdown Spectroscopy,LIBS)がある.本研究では,LIBSを用いた元素組成の定量計測を目的に,ロング・ショートダブルパルスLIBSの開発を行った.本手法を鋼材中のマンガン及び炭素計測に適用し,計測の安定性,定量性に優れた特性を有することを実証した.
抄録別表記
The understanding of the controlling factors is becoming more important to improve the efficiency of industrial systems including steel-making processes, boilers and so on. Laser diagnostics such as laser-induced breakdown spectroscopy (LIBS) makes it possible to monitor these parameters due to their fast response, high sensitivity, and non-contact features. In this study, a new collinear long and short double pulse LIBS method was developed to improve the detection ability and the measurement accuracy by the control of the plasma cooling process using the long pulse-width laser radiation. The plasma generated by the short pulse-width laser is stabilized and maintained at high temperature during the plasma cooling process by long pulse-width laser radiation. The method was demonstrated to have better measurement stability and quantitative measurement characteristics for Manganese and Carbon measurement in the steel samples compared to the normal single pulse LIBS method.
掲載誌名
光学
ISSN
03896625
cat書誌ID
AN00080324
出版者
日本光学会
48
1
開始ページ
8
終了ページ
12
発行日
2019-01
備考
著者英表記誤記あり (誤)Mincho Cui→(正)Minchao Cui
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
著者版
部局
理工学系