ID 106335
Title Transcription
ダイガクセイ ニ ミル ミジカナ イキモノ ノ ニンチド : カタツムリ オ エガケマスカ
Title Alternative
A survey on the understanding of familiar creatures by university students through figure image : Can you draw "KATATSUMURI"?
Author
Matsuda, Haruna Sanagochi Nature Center
Tashiro, Yushu Sanagochi Nature Center
Hamano, Tatsuo Institute of Socio-Arts and Science, the University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Keywords
陸産貝類
身近な自然環境
地域活性化
絵画
Landsnail
immediate natural environment
revitalization of local communities
painting
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
大学生81名を対象に,身近な自然環境の象徴としたカタツムリをどのように描くかを把握することで,身近な自然環境への認識を調査した。その結果,直近3年間にカタツムリを目撃した人は約50%で,触ることができると回答した人は約70%いたが,カタツムリの形態を正確に描けた大学生は約6%と少なかった。生物全般を好きだと感じている人ほどカタツムリを日常的な生活圏内で目撃しており,そうした人ほど正しく描けていた。つまり,身の回りにある当たり前の自然環境への関心が日常的な関わりを生み,そうした行為を通じて正しく認識されていくというプロセスが想定できた。
Journal Title
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
NCID
AA1199130X
Volume
11
Start Page
63
End Page
68
Sort Key
63
Published Date
2014-03
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Bioscience and Bioindustry