ID 106346
Title Transcription
コウダイイン レンケイ カガク ジッケン ノ ケイゾク ジッシ ニヨル カイゼン ト タイケン イベント エノ カツヨウ
Title Alternative
Improvement of chemistry laboratory class at senior high school based on continuous cooperation among high school, university and graduate school, and its application to a chemistry event for children
Author
Minagawa, Keiji Institute of Technology and Science, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Yasuzawa, Mikito Institute of Technology and Science, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Imada, Yasushi Institute of Technology and Science, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Fujita, Shingo Tokushima Prefectural Senior High School of Science and Technology
Keywords
高大連携
出張講義
大学院教育
化学実験
ティーチングアシスタント
high school-university cooperation
visiting lecture
graduate shool education
chemistry laboratory class
teaching assistant
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
工学部の学部生・院生への創造教育と高大連携の同時実現を目的として高大院連携出張講義を実施し,教えることによる学びを活用した効果的な教育法を検討した。継続的に実施してきた高校への化学実験出張講義を学部生・院生のティーチングアシスタントが主体となって実施した。学生同士の知識や技術の伝達により,高大院連携化学実験の実施方法の改善が認められ,今後の課題も明らかとなった。また,この出張講義で指導した学生と受講した高校生の一部が小中学生や一般対象の化学展にブースを出展し,成果の活用を試みた。イベント出展の実施により,高大院連携が初等教育や科学リテラシーなどの地域貢献としても有用であることが示された。
Journal Title
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
NCID
AA1199130X
Volume
11
Start Page
151
End Page
155
Sort Key
151
Published Date
2014-03
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Liberal Arts and Sciences
Science and Technology