ID 106347
Title Transcription
テングン ト リョウシ カガク
Title Alternative
Point group in quantum chemistry
Author
Kanezaki, Eiji Institute for Technology and Science, The University of Tokushima
Keywords
量子化学
点群
学部教育
quantum chemistry
point group
undergraduate course
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
工学部化学応用工学科の専門科目「量子化学」ついて,講義内容の改訂案を述べる。改訂内容は,点群の応用を新たに付け加えることであり,分子軌道法への点群の応用がその主眼である。内容は,第一に点群を用いてベンゼン等の分子軌道を決めることである。その後,分子の低位の一電子励起状態の既約表現を決め,更に電子遷移の選択則を説明する。講義時間の制限から,指標表や表現行列及び既約表現等の基礎的な事項の説明や可約表現の簡約化の説明等は演習による。化学における対称性の理解は重要であり,本改訂により化学の諸分野での学生の理解が深まると考える。
Journal Title
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
NCID
AA1199130X
Volume
11
Start Page
156
End Page
160
Sort Key
156
Published Date
2014-03
Remark
P.156のキーワードに誤植(誤)quantum chemisry(正)quantum chemistry
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher