ID 109415
Title Transcription
チイキ ノ コクサイカ オ メザス コウダイ レンケイ ノ カノウセイ : コウリュウ カツドウ ノ モタラス モノ
Author
Ikoma, Yoshiya
Keywords
日本語教育
異文化理解教育
国際交流
体験学習
リフレクション
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
2009年から3年にわたり徳島市立高等学校と徳島大学国際センターは、徳島大学留学生の高等学校訪問による交流学習を実施してきた。市立高等学校はその教育目標に「我が国及び国際社会の一員としての自覚に立ち、自主的・自律的・創造的能力に富んだたくましい人間を育成する」を掲げている。一方大学は地域に根ざし水準の高い研究と教育を推進する存在である。その中で、国際センターは大学が受け入れた留学生の日本語教育及び日本文化に関する教育を行うと同時に、地域の異文化理解教育に務めるという二つの役割を果たすことが期待されている。徳島という地域において高校と大学が協力連携して、それぞれの教育目標を達成することを試みた。本稿は特に2012年1月に実施した活動に関わった高校の生徒、教員さらに留学生らの声をもとに、担当者の二人が本活動を概観そして内省し、国際化を目指す教育活動としての意義を確認しこれからの在り方を考えるものである。
Journal Title
徳島大学国際センター紀要・年報
ISSN
21863024
NCID
AA12578127
Volume
2011
Start Page
25
End Page
32
Sort Key
25
Published Date
2011
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
International Center