ID 111016
Author
Content Type
Conference Paper
Description
本稿は、徳島県美馬市との連携により市の文化財「脇町劇場オデオン座」にて実施した「まほろば国際プロジェクト」(2007年から2015 年まで6 年間の取り組み)を総括し、参加者(日本語学習者と日本語教育を学ぶ日本人学生)のコメントをもとに日本語教育と演劇活動の関わりを新たな評価の視点から考察する。従来の評価領域の言語、文化に加えてグローバル社会領域を設定し、そこに「わかる」「できる」から「つながる」という学習行動目標を加え、この複合的な指標をもとに演劇型プロジェクトワークの意義を考える。
Journal Title
Papers presented at the International Conference on Japanese Language Teaching
ISSN
13478036
NCID
BA90546005
Publisher
日本語教育連絡会議事務局
Volume
28
Start Page
54
End Page
63
Published Date
2016-03-26
Remark
会議名: 第28回日本語教育連絡会議
開催期間: 2015年8月24日(月)-25日(火)
会場: ザグレブ大学哲学部図書館
EDB ID
URL ( Publisher's Version )
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
International Center