ID 111421
Author
Keywords
ネパール
失明原因
白内障
網膜疾患
糖尿病網膜症
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
1984年から現在までネパールで眼科国際医療協力を行ってきた。眼科医の増加により現地の医療状況は徐々に改善してきた。依然として白内障が失明原因の第1位であるが、生活習慣の変化に伴い、糖尿病網膜症などの網膜疾患患者が今後増加すると思われる。そこで現地の眼科医と連携して網膜疾患診療サービス強化プロジェクトを立案した。
Journal Title
国際センター紀要・年報
ISSN
21862850
NCID
AA12578127
Publisher
徳島大学国際センター
Volume
2015
Start Page
34
End Page
36
Sort Key
34
Published Date
2016-03-31
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
International Center