ID 111666
Author
Keywords
日本語教育
第二言語不安
発話不安
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
第二言語学習過程において学習者が感じる不安には、複雑かつ多岐にわたる要因が影響すると考えられている。本稿では第二言語学習者が目標言語の発話時に感じる不安や緊張を「発話に対する抵抗感」と定義し、日本語学習者の発話不安に焦点をあてる。調査は中国の大学の日本語専攻学習者に対象を絞り、学習者の日本語発話に対する抵抗感の形成要因を明らかにする目的で20名に日本語の発話に関する半構造化インタビューを行った。分析結果からは従来指摘されてきた第二言語不安の形成要因に加え、「対話者要因」、そして学習者要因の「習慣化」が学習者の日本語発話に対する抵抗感に影響していることが明らかになった。その後日本の大学とのスカイプ交流を2か月間行い、再度学習者に対して半構造化インタビューを行い、日本語発話に対する抵抗感の変化を観察した。
Journal Title
国際センター紀要・年報
ISSN
21862850
NCID
AA12578127
Publisher
徳島大学国際センター
Volume
2016
Start Page
18
End Page
28
Sort Key
18
Published Date
2017-03-31
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
International Center