ID 111717
Title Alternative
Genetic Abnormalities in Endocrine Pancreatic Tumors
特集 : 膵胆道腫瘍の遺伝子・DNA量分析
Author
Keywords
異所性ホルモン産生膵内分泌腫瘍
MEN 1
第11染色体の欠失
Content Type
Journal Article
Description
膵内分泌腫瘍の内,異所性ホルモン産生腫瘍として,「ガストリノーマj および「GHRH産生腫瘍」をとりあげた。ガス卜リン遺伝子の発現調節機構として,プロモーター部位にnegative elementが存在し,その部位に抑制因子が結合し,遺伝子発現を調節しているので,「ガストリノーマ」では,この抑制因子の発現が減少している可能性がある。一方GHRH産生機構に関しては,腫瘍におけるGHRH遺伝子の再編成,増幅が認められないこと以外には,ほとんど明らかにされていないので, 「GHRH産生腫瘍」における発現調節機構は不明である。膵内分泌腫瘍の腫瘍化の遺伝子レベルの機構として, MEN 1型に伴う腫瘍で原因遺伝子の存在する第11染色体の欠失が認められ,また一部の散発性の腫瘍でも同染色体に欠失が認められることより,少なくともMEN 1型の膵内分泌細胞の腫瘍化に,第11染色体での遺伝子変化が重要な役割を果たしていると考えられる。
Journal Title
Tan to Sui
ISSN
03889408
NCID
AN00333226
Publisher
医学図書出版
Volume
13
Issue
3
Start Page
247
End Page
251
Published Date
1992
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Oral Sciences