ID 111852
Title Alternative
Consensus on Requirements of Complete Denture Occlusion
Author
Keywords
全部床義歯
咬合
咬合採得
顎間関係
咬合様式
圧搾空間
Content Type
Journal Article
Description
本論文の目的は,松田論文で述べられる二つの問題提起,「咬合採得のポイントは?垂直的・水平的顎間関係の決定法-ゴシックアーチは必要か?」「義歯に与えるべき咬合は?-何を基準に選択するのか?」について,見解を述べることである.こと全部床義歯の咬合に関しては100 年に及ぶ歴史とその学術的蓄積があり,現在も議論されているものの,最近の議論の多くは目標に向かう手段の議論である.しかし,全部床義歯の本質は変わりようなく,その本質的なものを見極めた上で臨床に臨むべきであると考える.
Journal Title
Annals of Japan Prosthodontic Society
ISSN
18836860
18834426
NCID
AA12374568
Publisher
公益社団法人 日本補綴歯科学会
Volume
8
Issue
1
Start Page
24
End Page
30
Published Date
2016-01
Rights
©2016 公益社団法人 日本補綴歯科学会
EDB ID
DOI (Published Version)
URL ( Publisher's Version )
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Oral Sciences