ID 111853
Title Alternative
End points and assessments in esthetic dental treatment
Author
Fujimoto, Keiko Tokushima University
Higaki, Nobuaki Tokushima University
Keywords
審美歯科治療
エンドポイント
評価方法
Content Type
Journal Article
Description
審美歯科治療を成功に導くためには,2つの事項が重要と考えられる.一つは,審美歯科治療のエンドポイントを明確にすることであり,最も審美的要件が求められる上顎前歯部や顔貌のバランスに関する事項を文献から整理した.もう一つは,治療結果を評価することであり,その方法として客観的評価方法と主観的評価方法に分けて紹介した.以上のことを踏まえて治療することは,審美歯科治療の臨床手技を習得することと同様に必須と考える.
Journal Title
Annals of Japan Prosthodontic Society
ISSN
18836860
18834426
NCID
AA12374568
Publisher
公益社団法人 日本補綴歯科学会
Volume
8
Issue
2
Start Page
161
End Page
166
Published Date
2016-04
Rights
©2016 公益社団法人 日本補綴歯科学会
EDB ID
DOI (Published Version)
URL ( Publisher's Version )
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
University Hospital
Oral Sciences