number of access : ?
number of downloads : ?
ID 115798
Title Alternative
Farmland Changes in Tokushima Prefecture and Their Impact on Disaster Risk
Author
Keywords
グリーンインフラストラクチャ
土地利用
洪水リスク
防災
green infrastructure
land use
flood risk
disaster mitigation
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
本研究では、徳島県を対象に、グリーンインフラとして重要な役割を担う農地の変化傾向をとらえ、それに起因する洪水リスクを評価した。洪水災害をハザード、その曝露対象を世帯、世帯が存在する土地特性を雨水流出量で表し、その組み合わせにより洪水リスク評価値を計算した。まず、県内を四つのゾーンに分けて農地変化傾向を分析したところ、市街化調整区域が含まれる都市周辺部、農業が中心の平地部ではまとまって農地が減少しており、中山間地域では小規模かつ分散的な農地減少がみられた。さらに、農林業従事者数が減少するほど農地も減少すること、平地部の農地減少面積が大きいこと、道路密度が2km 以下のメッシュで農地減少が進んでいること、スーパーマーケットと小学校に近いほど農地が減少していることが分かった。最後に、洪水リスク評価値を計算したところ、徳島市西部の石井町や吉野川市付近、徳島市北部の藍住町、北島町付近で洪水リスクが増加するメッシュがまとまって、中山間地域では小規模かつ分散的に洪水リスクが大きくなるメッシュが存在していた。特に、吉野川中下流域では、洪水リスクが高いメッシュと洪水浸水域が重複しており、農地の維持管理が必要であることが示された。
Description Alternative
The purpose of the paper is to evaluate the disaster risk caused by the changes in farmland as a key part of the green infrastructure and its impact on disaster risk in Tokushima prefecture. We evaluated the risk using two factors: one is evacuation level based on volume of surface runoff (calculated according to land characteristics), and the other is the number of elderly households. From the analysis, high disaster risk areas were observed in the suburban periphery of the city of Tokushima and the small and widely dispersed farmland in the mountains. The high disaster area overlapped with the flood-prone area in the middle and lower sections of the Yoshinogawa river watershed. Therefore, maintenance of the farmland in these areas is important to mitigation of flooding that can increase disaster risk.
Journal Title
Studies in Disaster Recovery and Revitalization
ISSN
18837530
NCID
AA12395648
Publisher
関西学院大学災害復興制度研究所
Volume
12
Start Page
1
End Page
17
Published Date
2021-01-15
EDB ID
URL ( Publisher's Version )
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Science and Technology
Integrated Arts and Sciences