ID 82363
Title Transcription
3ネンセイ カンゴケイ タンキ ダイガク キョウイン ノ Faculty Development FD ノ ジッセン ト イシキ : FD ケンシュウマエ ノ チョウサ カラノ ブンセキ
Title Alternative
The Recognition and Practicing of Faculty Development among Teaching Stuffs of Junior College of Nursing : Analyzing a Questionnaire Survey Done Before a Workshop of Faculty Development
Author
Asakawa, Kazumi Yamanashi junior collage of nursing
Morikawa, Saburou Yamanashi junior collage of nursing
Kurata, Toshiko Yamanashi junior collage of nursing
Matuo, Kunie Yamanashi junior collage of nursing
Matumoto, Mifuji Yamanashi junior collage of nursing
Keywords
Faculty Development(FD)
教育力の向上
看護短期大学
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
看護系短期大学である本学教員のFaculty Development(FD)活動に関する意識と実践の現状を明らかにすることを目的として、アンケート調査を行った。平成15年7月に、本学の全教員38人に対して、無記名自記式の調査を行った。FDとは、「大学教員の教育力の向上」と限定し、記述された回答を、意味ある1文脈を1カードとして整理、KJ法で分類した。FD活動に対する回答内容から、各教員を初歩的段階、中間的段階、実践的段階の3段階に分類し、その意識と実践に関する記述内容を整理し、分析した。
その結果、以下のことが明らかになった。
(1)本学教員のFD活動は、研究会や学会への参加などによる自己研鑚が最も多く、研究と教育を一体化して捉えて教育力の向上を目指していた。
(2)FDの実践的段階にある人は、学生からの意見を意図的・系統的に聞いており、授業改善に積極的に取り組んでいた。
(3)本学においては、多くの教員が臨地実習指導に関するFD活動を行っているが、回答内容の中には臨地実習に関する記述が少なかった。
FD活動による教員の教育力の向上は、学生のみならず、看護サービスを受ける人々であることを認識して、教育活動を実践していくことが必要であることが確認された。
Journal Title
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
NCID
AA1199130X
Volume
1
Start Page
19
End Page
29
Sort Key
19
Published Date
2004-03
FullText File
language
jpn