ID 82385
Title Transcription
トクシマ ダイガク キョウツウ キョウイク ニオケル コウダイ セツゾク ノ タメ ノ カイカク : リスウ カモク ノ ホシュウテキ ジュギョウ ノ ジッシ ト カダイ
Title Alternative
Innovation of General Education for the Establishment of a Novel Gap-Sealing Course between High School and University : The present Situation and Future Issues of the supplementary lessons in Sciences and Mathematics
Author
Ohashi, Makoto Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Saito, Takahito Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Onuma, Masaki Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Sato, Takanori Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Koori, Norihiko Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima Tokushima University Educator and Researcher Directory KAKEN Search Researchers
Keywords
共通教育
導入教育
数理科目
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
平成15年度より、徳島大学共通教育において、高等学校の範囲で補習的授業を実施している。今回の補習的授業は、高等学校の数学、理科の科目の理解が不十分な学生に対して、基礎的理解を深めること目的とした。また、点数をとるための勉強ではなく、そこに含まれる勉学の楽しさを体得するとともに、大学での教養科目や専門分野との関連において体系的な理解につなげることを目指してきた。受講生に対するアンケート調査の結果では、「補習的授業の充実を望む」や、「高等学校で履修できる科目を増やすべき」とする声が多かった。来たるべき、大学全入時代に対応するために、共通教育のカリキュラム体系の見直しなどの改革が必須になっている。補習的授業に関しても、今後は数学、物理、生物以外の多様な科目で実施する必要がある。全国的に見て、高等学校の範囲の補習的授業を予備校などの外部に委託する大学も多いが、徳島大学では、大学教員による実施を柱としている。これは、高等学校の内容は、大学教育の中でも重要な基礎知識の礎であるため、補習的授業を共通教育の体系の中に取り入れた系統的な教育プログラムを構築する上で、大学教員の担当が望ましいと考えられるためである。さらに学生の多様な学習レベルや目的に対して高大接続カリキュラムを組み入れることにより、大学全入時代に適合した共通教育のカリキュラムの全体像を構築する必要がある。
Description Alternative
Supplementary lessons in Mathematics and Sciences were introduced in the general education of
Tokushima University from 2003 in order to seal the gap of fundamental studies between the courses of
high school and University. The main purpose of these lessons is to cultivate the novel interests on these
subjects for students themselves by using textbooks for high school students. The results of student
evaluation survey revealed the potential needs of supplementary lessons in other subjects and
reevaluation for crowded curriculum of sciences in the course of high school. A designed new
curriculum is indispensable including supplementary lessons in other subjects for a coming society with
fewer children in Japan. Establishment of systematic course of general education is needed including
the fundamental studies by the teaching staff of the university. Further development of the supplementary
lessons should be undertaken for students various in their understanding levels or interests.
Journal Title
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
NCID
AA1199130X
Volume
3
Start Page
20
End Page
29
Sort Key
20
Published Date
2006-03
EDB ID
FullText File
language
jpn
departments
Liberal Arts and Sciences
Science and Technology