number of access : ?
number of downloads : ?
ID 113724
Author
Akinaga, Chie
Keywords
医学日本語
生活日本語
教材開発
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Description
徳島大学国際センターの2018年度後期全学日本語コースでは、医学系留学生を対象に医学日本語・生活日本語を組み合わせた授業を行った。医学日本語では、体や病気に関する一般的な表現や臨床で使う表現などを扱った。これまでの文法積み上げ式の「文型シラバス」ではなく、1回完結型の「場面・機能シラバス」を用い、初級から中級以上の日本語学習者が同じクラスで学習するカリキュラムを実施した。受講学生からの評価は高く、コース終了時の評価も良かったが、基礎的な日本語を体系的に学習することはできず、学生の日本語能力が向上したのかといった疑問が残る。今後は学生のニーズと環境にあったカリキュラムと教材作成を検討していきたい。
Journal Title
国際センター紀要・年報
ISSN
21862850
NCID
AA12578127
Publisher
徳島大学国際センター
Volume
2018
Start Page
28
End Page
31
Sort Key
28
Published Date
2019-03-31
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
International Center