number of access : ?
number of downloads : ?
ID 115852
Title Alternative
Three years follow up of bimaxillary group distalization with miniscrew anchorage
アンカースクリューを用いた上下顎前突治療例の長期保定
Author
Amachi, Ryota
Keywords
歯科矯正用アンカースクリュー
上下顎前突
保定
Content Type
Journal Article
Description
今回,我々は歯科矯正用アンカースクリューを用いて上下顎歯列全体の遠心移動を行うことで前歯部叢生および上下顎前歯の唇側傾斜を改善し,保定後3年経過時においても安定した咬合関係が維持された症例を経験したので報告する.患者は初診時年齢21歳7か月の女性で,上顎前突および叢生を主訴として来院した.側貌はconvex typeであり,上下口唇の突出と上下顎前歯部に軽度の叢生が認められた.大臼歯関係は両側Angle II級であり,オーバージェットは +3.0 mm,オーバーバイトは +1.4 mmであった.側面頭部エックス線規格写真より,∠ANBは5.1°とやや大きくskeletal Class IIを呈し,FMAは34.2°とhigh mandibular plane angle caseであった.歯系では,上顎中切歯歯軸傾斜角は標準的な値を示したが,下顎中切歯歯軸傾斜角は唇側傾斜を呈していた.U1 to NA は8.2 mm,L1 to NBは13.0 mmであり,上下顎中切歯はともに唇側に位置していた.治療方針として,上下顎前歯部の叢生および上下顎前歯唇側傾斜の解消のために,小臼歯抜去ではなく上下顎両側大臼歯部に歯科矯正用アンカースクリューを埋入し,上下顎歯列全体の遠心移動を行うこととした.2年9か月の動的治療の結果,前歯部叢生および口元の突出感は解消され,緊密な咬合が獲得された.保定後3年が経過した現在においても安定した咬合関係が保たれている.本症例より,歯科矯正用アンカースクリューを用いた上下顎歯列全体の遠心移動を行っても,長期間の安定が得られうることが示された.
Journal Title
The Journal of Chu-Shikoku Orthodontic Society
ISSN
09157581
NCID
AN1037147X
Publisher
中・四国矯正歯科学会
Volume
29
Issue
1
Start Page
37
End Page
47
Published Date
2017
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Oral Sciences
University Hospital