number of access : ?
number of downloads : ?
ID 113978
Author
水ノ上, 智邦
Content Type
Journal Article
Description
中国のP2P ネット金融は,誕生してから僅か9 年の間に,年間取引高が約1 兆元にまで成長してきた。2016 年という年はまさに中国のP2P ネット金融が「野蛮成長」の時代を経て,「優勝劣敗」による淘汰の時代へと差し掛かる年であった。本稿では中国のP2P ネット金融の全体像を紹介した上で,P2P ネット金融が直面するリスク,そして政府による規制を紹介する。P2P ネット金融はまさに中国経済のダイナミズムを象徴する新しい産業であり,世界的金融イノベーションの流れにおいてのシンボルでもある。国連が提唱した「金融包摂(Financial Inclusion)」の概念に合致し,今まで伝統的な金融機関から門前払いにされていた個人や中小零細企業に金融サービスを提供するというメリットがある一方,開業したプラットフォームの約40%が問題を抱えているという課題も残されている。本稿の最後に,中国P2P ネット金融の未来について著者らの個人的な意見を述べる。
Journal Title
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報
ISSN
2189549X
Publisher
アジア成長研究所
Volume
28
Issue
1
Start Page
45
End Page
61
Published Date
2017-06
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Integrated Arts and Sciences