number of access : ?
number of downloads : ?
ID 114695
Title Alternative
THE EFFECT OF THE SEATING ARRANGEMENT ON THE COMMUNICATION DURING GROUPWORK
Author
Hanada, Ai Okamura Corporation
Keywords
家具
グループワーク
コミュニケーション
レイアウト
ベイズ推定
Furniture
Group Work
Communication
Layout
Bayesian Inference
Content Type
Journal Article
Description
本稿では、グループワークにおいて、座席配置がペアタスクのコミュニケーションに及ぼす影響の検証を目的とする実験について報告する。
実験において、心拍と発話、アンケートについて調査を行い、ベイズ推定とBrunner-Munzel検定、 Fisherの正確確率検定によって分析を行った。
1)アンケート回答に関する分析からは、横並びに座る座席配置に比較して長辺と短辺の角を挟んで座る座席配置では、自分の意見を上手く伝えられたと感じられていること、役割分担が生じやすいことが示された。また、座席配置選好傾向からは、ペアタスクにおいてパートナーの様子を確認しやすい長辺と短辺の角を挟んで座る座席配置が選ばれていた。
2)発話に関する分析からは、横並びに座る座席配置では発話が説明的であり独話的であるが、長辺と短辺の角を挟んで座る座席配置では描写的で対話的であることが示された。
3)心拍に関する分析からは、横並びに座る座席配置では個人タスクよりもペアタスクは緊張した状態で行われるが、長辺と短辺の角を挟んで座る座席配置では個人タスクよりもペアタスクはリラックスした状態で行われることが示された。
Description Alternative
In this paper, we report aim at verifying the influence of seating arrangement on communication of pair task,
We measured the heartbeat of each person during group work, and recorded speech in pair task. Also, after completing the group work, we asked the subjects a response to the questionnaire.
The data obtained from the experiments were analyzed using the Brunner-Munzel test, Fisher-s exact test, and the Bayesian inference.
It is concluded that in a discussion where pairs are formed with close relationships between friends, the seating arrangement where each other-s condition is easy to understand is preferable to the arrangement of the seats that each other is difficult to understand.
Journal Title
Journal of Japan Society for Office Studies
NCID
AA12413397
Publisher
日本オフィス学会
Volume
12
Issue
1
Start Page
19
End Page
26
Published Date
2020-04-23
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Integrated Arts and Sciences