項目名
ID 109693
タイトル別表記
5-HT2A/2C受容体アゴニストである1-(2,5-dimethoxy-4-iodophenyl)-2-aminopropaneはセロトニン神経に対するエタノールの神経発生毒性を軽減する
著者
Ishiguro, Tsukasa
キーワード
1-(2,5-dimethoxy-4-iodophenyl)-2-aminopropane
Fetal ethanol
Rat
5-HTergic neuron
Midbrain raphe nuclei
資料タイプ
Thesis or Dissertation
発行日
2016-03-23
備考
内容要旨・審査要旨・論文本文の公開:
内容要旨・審査要旨 : LID201606071014.pdf
論文本文 : k2954_fulltext.pdf
著者の申請により要約(2016-06-07公開)に替えて論文全文を公開(2018-06-14)
出典
Congenital Anomalies (2016) Vol.56 Issue 4 p.163-171
出版社版DOI
出版社版URL
文科省報告番号
甲第2954号
学位記番号
甲医第1287号
フルテキストファイル
言語
eng
著者版フラグ
ETD
学位授与年月日
2016-03-23
学位名
Doctor of Medical Science
学位授与機関
Tokushima University