number of access : ?
number of downloads : ?
ID 114102
Author
ハナダ, アイ
Content Type
Journal Article
Description
PBLに適った学習環境の開発を目的とする実証研究の一環としてグループワークを想定した実験を行った。実験結果より、他のグループワークメンバーに対しポインテイングする行為および視線を向ける行為が、向かい側に着座しているメンバーに対する行為か同じ側に着座しているメンバーに対する行為かにより異なることが明らかになった。これより、ディスカッションを行う場のデザインには「向き」に対する配慮が必要であることが示された。
Journal Title
文理シナジー
ISSN
1346406X
NCID
AA12828064
Publisher
文理シナジー学会
Volume
22
Issue
1
Start Page
19
End Page
26
Published Date
2018-04
EDB ID
FullText File
language
jpn
TextVersion
Publisher
departments
Integrated Arts and Sciences