アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 114102
著者
花田, 愛 (株)オカムラ
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
PBLに適った学習環境の開発を目的とする実証研究の一環としてグループワークを想定した実験を行った。実験結果より、他のグループワークメンバーに対しポインテイングする行為および視線を向ける行為が、向かい側に着座しているメンバーに対する行為か同じ側に着座しているメンバーに対する行為かにより異なることが明らかになった。これより、ディスカッションを行う場のデザインには「向き」に対する配慮が必要であることが示された。
掲載誌名
文理シナジー
ISSN
1346406X
cat書誌ID
AA12828064
出版者
文理シナジー学会
22
1
開始ページ
19
終了ページ
26
発行日
2018-04
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
総合科学系