ID 105934
タイトルヨミ
コトナル タシャ トノ カカワリカタ ニ カンレン スル ショヨウイン ノ ケンキュウ : トクシマ ダイガク ソウゴウ カガクブ 1ネンセイ オ タイショウ ニ シタ アンケート チョウサ カラ 
タイトル別表記
Factors related to the level of acceptance for people who are regarded as being different : Questionnaire research administered to first year students at The University of Tokushima
著者
井形, 玲美 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
季, 昀 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
峪口, 有香子 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
董, 鑫妮 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
二木, 順子 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
拝郷, 哲也 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
楊, 暁婷 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
吉田, 耕平 徳島大学大学院総合科学教育部地域科学専攻
上野, 加代子 徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
真壁, 和裕 徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
Tokushima
Students
Multiculturalism
Sexual Norm
Cultural Diversity
資料タイプ
紀要論文
抄録
This study aimed to determine factors related to the level of acceptance for people who are regarded as being different in terms of country of origin, age and sexual norms. Questionnaires were distributed to first year undergraduate students at The University of Tokushima in Japan and promax rotation factor analysis yielded five factors: 1) orientation toward foreign cultures, 2) openness toward multiculturalism, 3) openness toward discussing sex, 4) openness toward having friendship with members of the opposite sex and 5) orientation toward educational achievement. Results showed that gender and course of study were the most important variables related to openness toward foreign cultures and openness toward multiculturalism, with female students and liberal arts students having a relatively high level of acceptance for people regarded as being different. Results suggest that university curricula should focus more on multiculturalism training for male students and students majoring in mathematics and science.
掲載誌名
徳島大学地域科学研究
ISSN
21867720
cat書誌ID
AA12560198
2
開始ページ
17
終了ページ
29
並び順
17
発行日
2012-12
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
総合科学系
理工学系