ID 106291
タイトルヨミ
コウリュウ ト タイワ オ トオシタ ダイガクカン ノ キョウドウ レンケイ オ カンガエル 2 : 2009ネン ブカン シャンハイ ホウモン コウリュウ ケンシュウ
著者
キーワード
交流
演劇
異文化理解
コミュニケーション
日本語
資料タイプ
紀要論文
抄録
国際センターは、2009年3月の8日間、徳島大学の学部生12名と引率教員2名(筆者の金及びGehrtz-三隅)によって武漢・上海訪問交流研修を実施した。訪問先は本学の協定校である武漢大学と本学卒業生が日本語教員として勤務する東華大学(上海)及び上海財経大学であり、各大学の日本語学科の学生と交流を行った。研修の目的は、①日本語を学ぶ中国人学生とのコミュニケーションを通して友達になること②中国を訪問し実際に異文化を体験し理解すること、そして参加者が各自の自由に目的を立てそれを実践することであった。中国での交流会に備えて中国語会話(自己紹介と簡単な会話)と中国語の歌を本学の留学生の指導により練習し、同時にコミュニケーションのトレーニングから日本語劇「「ひのきとひなげし(宮津賢治作)」を準備した。三大学との交流研修修了後のレポートさらに約1年後(2010年2月)の参加者からのコメントをもとに本研修を振り返る。参加者の気づきや学びを確認することによって、これからの訪問研修の意義や可能性を考える。
掲載誌名
徳島大学国際センター紀要
cat書誌ID
AA12549989
5
開始ページ
7
終了ページ
14
並び順
7
発行日
2009
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
国際センター