ID 106326
タイトルヨミ
ダイガク トショカン デ ジッシ スル ガクシュウ シエン ノ セイカ ト カダイ : Study Support Space ノ ジッセン カラ
タイトル別表記
Achievements and Problems of Learning Support Held at University Library : From the Practice of Study Support Space
著者
佐々木, 奈三江 徳島大学附属図書館
亀岡, 由佳 徳島大学附属図書館
枝川, 恵理 徳島大学総合科学部
斉藤, くるみ 徳島大学工学部
キーワード
学習支援
学習相談
効果検証
ピア・サポート
learning support
learning consultation
examination of the effects
Study Support Space
peer support
資料タイプ
紀要論文
抄録
我が国の大学教育において,学生の主体的な学習を促進することが求められる中で,大学図書館は,学習支援に貢献できる可能性を高めている。このような背景のもと,全国の大学図書館ではラーニング・コモンズの整備や学習支援サービスの実施が始まっている。徳島大学においてもラーニング・コモンズの整備に続き,学生の学習相談に対応するStudy Support Space (SSS)の取り組みが始まった。SSSは自主的はピア・サポート活動として実施しており,成果を出し,継続的に活動するためには,現状の成果や課題を検証することが必要であると指摘されている。本研究は,学習相談に対応するアドバイザー,徳島大学の学生に対するアンケート調査をもとに,SSSの成果と課題を明らかにすることで,今後の学習支援の充実につなげる示唆を与える。
抄録別表記
Universities are now required to encourage university students to take the initiative in studying. This phenomenon enhances the potential of university libraries to support student learning. Thus, university libraries in Japan are establishing learning commons or implementing learning support services. The University of Tokushima, as well, has established a learning commons, and implemented a learning support service called “Study Support Space (SSS)” for advising. SSS is a voluntary peer support activity, and its continuation depends on a verification of its present achivements and problems. Thus, results of a questionnaire completed by students and advisors are dissucced. The discussion is centered on the outcomes and future challenges of SSS in aim of bettering learning support in the future.
掲載誌名
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
cat書誌ID
AA1199130X
11
開始ページ
26
終了ページ
37
並び順
26
発行日
2014-03
EDB ID
276992
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
総合教育センター
附属図書館