ID 106341
タイトルヨミ
Moodle オ カツヨウ シタ ジュギョウ ジッセン ト ガクシュウ カツドウ ノ ブンセキ
タイトル別表記
Classroom Activities Using Moodle and Task Analysis
著者
生田, 和重 徳島文理大学 一般総合科目
キーワード
高等教育
学習管理システム
Moodle
学習支援
活動分析
higher education
learning management system
moodle
learning support
task analysis
資料タイプ
紀要論文
抄録
これまでの指導経験をもとに学習支援Moodleサイトを構築し,2013年度前期の担当授業で活用した。さらに,その学習管理システムに蓄積された活動履歴を分析し,今回の試みにより授業を活性化できたかどうかを検討した。学生達はMoodleサイトに登録された教材,学生主導の活動,課題へのフィードバックなどを有効活用して学習に励んだ。その活動を分析したところ,課題のアップロード,それに対する評価やフィードバックの表示というMoodleの機能に,学生達は好印象を持ったことが分かった。また,フォーラムへの投稿を参照しつつ議論することにより,オープンな雰囲気を創り出すことができたようである。ただ,授業時間外で学習支援Moodleサイトを活用する頻度は思った以上に少なかった。今後は,自主学習の習慣を身につけてもらえるような新たなコースを開発していきたい。
抄録別表記
A learning support website was constructed using Moodle and was used in my classroom in the first semester of fiscal year 2013, and whether to make the classroom interaction active or not was deliberated by analyzing the task logs kept in the learning management system. My students experienced positive learning by taking full advantage of course materials of my classes, student-based and cooperative activities, and feedback comments and grades on assignments provided on the Moodle website. According to the results of task analysis and questionnaire, it is obvious that my students had a good impression of the learning support system using Moodle which provided them with interactive course materials such as uploading assignment files, and viewing grades and feedback. Moreover, my students had an atmosphere in which relevant things could be discussed openly among themselves by referring to discussion topics in the Moodle forum. Howerer, it will be necessary to have a student cultivate a habit of the voluntary learning as soon as possible. As a tentative measure, I want to establish some voluntary learning courses on the Moodle website.
掲載誌名
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
cat書誌ID
AA1199130X
11
開始ページ
125
終了ページ
135
並び順
125
発行日
2014-03
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版