ID 109618
タイトルヨミ
フククウキョウカ ニ チリョウ シエタ ガイショウセイ ショウチョウ センコウ ノ 1レイ
タイトル別表記
Laparoscopic surgery for a blunt abdominal trauma with small bowel injury : case report
著者
西, 正暁 高知医療センター消化器・一般外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
尾崎, 和秀 高知医療センター消化器・一般外科
大石, 一行 高知医療センター消化器・一般外科
上月, 章史 高知医療センター消化器・一般外科
濱田, 円 高知医療センター消化器・一般外科
西岡, 豊 高知医療センター消化器・一般外科
キーワード
laparoscopic surgery
traumatic jejunal perforation
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
In this paper the authors report a case of laparoscopic surgery for a blunt abdominal trauma with small bowel injury. The patient, a-24-year-old woman, was admitted to the authors’ hospital. She had abdominal pain caused by blunt abdominal trauma. Physical Examination showed muscular defense and rebound tenderness on the abdomen. A computed tomography showed focal wall thickness and pneumatosis intestinalis in the jejunum, and fluid collection in the pelvis. A preoperative diagnosis was traumatic perforation of jejunum. The authors performed laparoscopic surgery. A3-mm perforation on the jejunum was observed. The authors performed laparoscopic repair of jejunal perforation. The postoperative course was uneventful and the patient was discharged 9 days after the operation. In selected cases of blunt abdominal trauma, laparoscopic surgery may be a safe and useful procedure.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
69
1-2
開始ページ
79
終了ページ
82
並び順
79
発行日
2013-04-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系