ID 109782
タイトルヨミ
バッシゴ シュッケツ オ ケイキ ニ シンダン サレタ コウレイシャ ニオケル センテンセイ ケツユウビョウ A ノ 1レイ
タイトル別表記
Inherent Hemophilia A Diagnosed after Bleeding of Tooth Extraction; A Case of a Senior Patient
著者
湯浅, 哲也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野
細川, 浩良 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野
舘原, 誠晃 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野
徳山, 麗子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野
高野, 栄之 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
工藤, 景子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
藤澤, 健司 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野 KAKEN研究者をさがす
里村, 一人 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面外科学分野
キーワード
血友病A
抜歯後出血
高齢者
先天性
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Hemophilia A is often diagnosed by gingival change, traumatic injuries, or bleeding after extraction in childhood, but rarely in senior age.
We experienced that a 66 year-old man was diagnosed as hemophilia A by bleeding after tooth extraction. He was referred to our hospital for control the bleeding after tooth extraction. Although we tried to stop bleeding by local hemostasis, we repeated to bleed several times. Then we examined the level of hemorrhage factors.
As a result, the patient was diagnosed as moderate hemophilia A, and he received recombinant factor VIII intravenously. After that, the bleeding had been stopped completely.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
出版者
四国歯学会
21
2
開始ページ
403
終了ページ
406
並び順
403
発行日
2009-01-31
備考
P.403著者の英語表記に誤植(誤)HASOKAWA(正)HOSOKAWA
EDB ID
221823
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
歯学系