アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 109923
タイトルヨミ
ハッショウ ヨソク ガ コンナン デアッタ ハイガン ジュツゴ カンシツセイ ハイエン キュウセイ ゾウアク ノ 2レイ
タイトル別表記
Acute exacerbation of interstitial pneumonia after pulmonary resection for lung cancer. Analysis of two cases.
著者
坪井, 光弘 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
松本, 大資 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科
河北, 直也 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧
梶浦, 耕一郎 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 KAKEN研究者をさがす
鳥羽, 博明 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
中川, 靖士 徳島県立中央病院外科
川上, 行奎 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
滝沢, 宏光 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
先山, 正二 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科
近藤, 和也 徳島大学大学院臨床腫瘍医療学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
丹黒, 章 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
lung cancer
interstitial pneumonia
acute exacerbation
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Acute exacerbation of interstitial pneumonia (IP) is one of the most severe and fatal postoperative complications in lung cancer patients underlying IP. We treated two patients suffered from acute exacerbation of IP after pulmonary resection for lung cancer. We analyzed their clinical findings. Thoracoscopic lobectomy with mediastinal lymph node dissection was performed in these cases. The patients were diagnosed with acute exacerbation 4 or 5 days after operation and treated with steroids. Both patients had not been diagnosed as IPs before surgery, however, IPs were diagnosed by retrospective analysis of pathological examination for the removal lungs. Chest CT before surgery showed an interstitial shadow in the lung field faintly in these cases. It should be considered that patients who show a faint interstitial shadow in chest CT could potentially cause an acute exacerbation of IP after lung cancer operation.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
71
3-4
開始ページ
81
終了ページ
86
並び順
81
発行日
2015-08-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系