ID 110242
タイトルヨミ
コキュウ コンナン オ ケイキ ニ ハッケンサレ シュウガクテキ チリョウ ニヨリ カンカイ シタ シンコウ セイソウ ガン ノ 1レイ
タイトル別表記
Advanced testicular cancer with the earliest complaint of dyspnea successfully treated by combined modality therapy : a case report
著者
岸本, 大輝 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野
奈路田, 拓史 徳島赤十字病院泌尿器科
細川, 忠宣 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野
由良, 健太郎 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野
布川, 朋也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
小泉, 貴裕 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野
木内, 慎一郎 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野
山口, 邦久 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
田上, 隆一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野
山本, 恭代 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
中逵, 弘能 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野
井崎, 博文 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野 KAKEN研究者をさがす
高橋, 正幸 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
福森, 知治 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
金山, 博臣 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部先端医療創生科学講座泌尿器科分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
advanced testicular cancer
dyspnea
combined modality therapy
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
A 30-year-old man was referred to our hospital for examination and treatment of dyspnea.Clinical examination revealed multiple lung tumor masses with marked elevation -HCG and -fetoprotein. CT showed not only multiple lung tumors but also retroperitoneal tumor mass. Apercutaneous needle biopsy of lung tumor was performed and pathological findings suggestedchoriocarcinoma. Although testicular swelling was not detected, ultrasonography revealed a righttesticular mass lesion. Therefore we diagnosed multiple lung metastases from right testicularcancer with retroperitoneal lymph node metastasis. The induction chemotherapy with bleomycin,etoposide, cisplatin(BEP) for 3 cycles was performed. Subsequently second line chemotherapywith paclitaxel, ifosfamide, nedaplatin(TIN)for 8 cycles followed. After the tumor markers werenormalized, resection of residual lung metastases by video-assisted thoracic surgery(VATS)andright high orchiectomy were performed. Histologically no viable cells were detected. One cyclechemotherapy with TIN was given after first surgery. Secondly, retroperitoneal lymph nodedissection was performed, and pathologically the small amount of viable cancer was detected in theresected specimen. Then post operative chemotherapy with TIN for 2 cycles were performed.The patient is alive without any recurrence 3 years after combined modality therapy.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
64
3-4
開始ページ
145
終了ページ
150
並び順
145
発行日
2008-08-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系
病院