ID 110259
タイトルヨミ
トクシマ ダイガク エイヨウ ガッカ ハツ ウチュウ ジッケン ノ アユミ ト コレカラ
タイトル別表記
Our space experiments : history and future at Department of Nutrition, the University of Tokushima
著者
原田(助野), 晃子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野
平坂, 勝也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野
奥村, 裕司 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野
二川, 健 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
Cbl ubiquitin ligase
Kibo
skeletal muscle atrophy
space experiment
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Yuri Gagarin said,“The Earth is blue”, in the first manned spacecraft Vostok 1 in April 1961 when he glimpsed the planet from the space. Since then, human beings have been evolving technology of rocket, so that they can stay in space for several months and years. In Japan, JAXA has almost finished constructing“Kibo”, a space experimental module in the International Space Station(ISS), in August, 2008. The first space research of Japan will be carried out at“Kibo”soon.We are also planning to perform a space experiment in“Kibo”to clarify the molecular mechanism of muscle atrophy caused by micro gravity. In this paper, we report our history and future plan to develop space research.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
64
5-6
開始ページ
236
終了ページ
241
並び順
236
発行日
2008-12-20
EDB ID
249751
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系