ID 110267
タイトルヨミ
ジュウショウ カンジャ ニオケル エイヨウ カンリ
タイトル別表記
Nutritional management in critically ill patients
著者
眞野, 暁子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座救急集中治療医学
中瀧, 恵実子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座救急集中治療医学 KAKEN研究者をさがす
山口, 治隆 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座救急集中治療医学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
乾, 大資 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座救急集中治療医学 KAKEN研究者をさがす
大藤, 純 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座救急集中治療医学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
今中, 秀光 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座救急集中治療医学 KAKEN研究者をさがす
西村, 匡司 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座救急集中治療医学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
critically ill patients
permissive underfeeding
protein metabolism
enteral nutrition
bacterial translocation
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Nutritional management is one of very important therapeutic intervention for every kind of patients. In critically ill patients, metabolic state varies according to the severity of injury or disease. It is crucial to give appropriate calories to overcome their stress. Recently, it is reported that hyperalimentation should be avoided in acute phase of critically illness, which is generally agreed as permissive underfeeding. It is also necessary to supply those patients with enough amount of protein because protein deficiency decrease the lean body mass(LBM). Loss of LBM induce organ dysfunction as well as immunodeficiency which lead to patient mortality. Enteral nutrition is superior to parenteral nutrition. Intestine plays an important role as endocrine and immune organ. Bacterial translocation, which is one of the most important causes of sepsis in critically ill patients, is prevented by enteral feeding. We should start enteral feeding as early as possible and make the most of intestinal function.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
65
1-2
開始ページ
2
終了ページ
6
並び順
2
発行日
2009-04-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系