ID 110361
タイトルヨミ
トクシマケン イシカイ トウニョウビョウ タイサクハン ダイ1ジ ダイ2ジ カツドウ ノ セイカ
タイトル別表記
Outcomes of 6years of activities by the Tokushima Medical Association’s Steering Committee for Diabetes Prevention to prevent type 2diabetes in the general population of Tokushima Prefecture
著者
島, 健二 徳島県医師会糖尿病対策班|医療法人川島会川島病院糖尿病科
石本, 寛子 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県保健福祉部医療健康総局
播, 紀子 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県保健福祉部医療健康総局
新谷, 保実 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島赤十字病院代謝・内分泌科
福島, 泰江 徳島県医師会糖尿病対策班|福島内科
野間, 喜彦 徳島県医師会糖尿病対策班|医療法人川島会川島病院糖尿病科
松久, 宗英 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
大塚, 明廣 徳島県医師会糖尿病対策班|大塚内科
斎藤, 恵 徳島県医師会糖尿病対策班|日亜化学医務室
井本, 逸勢 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座人類遺伝学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
岡部, 達彦 徳島県医師会糖尿病対策班|岡部内科
中川, 洋一 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県三好保健所
富士原, 晴己 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県徳島保健所
藤中, 雄一 徳島県医師会糖尿病対策班|健康保険鳴門病院内科
勢井, 雅子 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座人類遺伝学分野
白神, 敦久 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県立中央病院内科
小松, まち子 徳島県医師会糖尿病対策班|医療法人川島会川島病院糖尿病科
鶴尾, 美穂 徳島県医師会糖尿病対策班|寺沢病院内科
松本, 侯 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県歯科医師会
田中, 俊夫 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島大学開放実践センター 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
宮本, 道代 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県国保連合会
小川, 広美 徳島県医師会糖尿病対策班|つるぎ町保健センター
古田, 結花 徳島県医師会糖尿病対策班|徳島県栄養士会
キーワード
health education
general population
diabetes prevention
glucose intolerance
obesity
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Objective : The effectiveness of diabetes prevention programs for the general population in Tokushima Prefecture was investigated. The programs were designed by Tokushima Medical Association’ s(TMA’s)Steering Committee for Diabetes Prevention. Research design and methods : The committee promoted diabetes prevention by disseminating educational messages on diabetes to the general public and medical care providers, and establishing a referral system among public health centers and medical institutes throughout Tokushima Prefecture during the period from 2004 to 2009. The outcome of these activities were evaluated by analyzing data from the Prefectural Health and Nutrition Survey in Tokushima conducted in1997(n= 998),2003 (n=1008) and 2010 (n=1130), and then comparing these results with those of the national survey at the corresponding times. Results : The percentage of subjects with glucose intolerance at the time of initiation of the prevention program in Tokushima tended to increase from 1997 to 2003, but was slightly decreased in 2010, although the differences were not statistically significant. However, the percentage of subjects with glucose intolerance was significantly increased throughout Japan during the same period. Obesity parameters, physical activity evaluated by the number of steps and the average total energy intake changed favorably in parallel with changes in the prevalence of diabetes during the study period in Tokushima. Conclusion : The diabetes prevention programs initiated by the TMA’s committee may be useful in ameliorating the situation of diabetes in Tokushima Prefecture.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
68
5-6
開始ページ
223
終了ページ
232
並び順
223
発行日
2012-12-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
先端酵素学研究所
医学系
大学開放実践センター