ID 110392
タイトルヨミ
ユウロウセイ ノウキョウ ニタイシテ EWS オ モチイタ キカンシ ジュウテンジュツ ト ロウコウナイ フィブリンコ チュウニュウ ノ ヘイヨウ ガユウコウ デアッタ 1レイ
タイトル別表記
A case of empyema with a bronchial fistula successfully treated with EWS embolization and intrapleural administration of fibrin glue
著者
澤田, 徹 国立病院機構高知病院呼吸器センター外科|徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧
日野, 弘之 国立病院機構高知病院呼吸器センター外科
松本, 大昌 国立病院機構高知病院呼吸器センター外科
坂本, 晋一 国立病院機構高知病院呼吸器センター外科
高嶋, 美佳 国立病院機構高知病院呼吸器センター外科
滝沢, 宏光 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
丹黒, 章 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
篠原, 勉 国立病院機構高知病院呼吸器センター内科
大串, 文隆 国立病院機構高知病院呼吸器センター内科
キーワード
endobronchial Watanabe Spigot(EWS)
intrapleural administration of fibrin glue
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Background : Empyema with a bronchial fistula is difficult to treat. Recently, bronchial occlusion using endobronchial Watanabe Spigot(EWS)ris reported to be useful for treatment of intractable pneumothorax and thoracic empyema. Case : A 60 year old man presented fever and left chest pain. He was diagnosed with empyema. Video- assisted thoracoscopic debridement and decortication for the empyema cavity and drainage for the abscess cavity were performed. Air leak appeared at postoperative day13. We performed EWS embolization and intrapleural administration of fibrin glue, and the persistent air leak disappeared. Conclusion : We experienced empyema with a bronchial fistula successfully treated with EWS embolization and intrapleural administration of fibrin glue.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
72
3-4
開始ページ
137
終了ページ
142
並び順
137
発行日
2016-08-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系
病院