アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 110568
タイトルヨミ
キカンシ ゼンソク ゾウカ ノ ヨウイン ト サイキン ノ チリョウ ノ トピックス
タイトル別表記
Bronchial asthma : Possible factors for increasing prevalence, and recent advance in treatment modality
著者
楊河, 宏章 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
吾妻, 雅彦 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
北室, 真人 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野
小川, 博久 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
松森, 夕佳 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野
杉田, 明美 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野
原, 千恵 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野
米田, 和夫 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野
三木, 真理 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野
曽根, 三郎 徳島大学医学部生体防御腫瘍医学講座分子制御内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
increasing asthma prevalence
hygiene hypothesis
suspended particulate matter
anti-IgE antibody
anti-CD23 antibody
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Increasing asthma prevalence is a major problem in Western countries. Various factors, such as allergic sensitization to indoor allergens, change in incidence in infectious diseases, and increase of air pollutants, are considered to be possible factors for increasing prevalence. Inhaled corticosteroids play an important role in asthma treatment, and its impact on asthma morbidity and mortality has already been established. In addition, recent attention has been focused on molecular targeted therapy in the treatment of bronchial asthma. Promising results of anti-IgE antibody are reported in several clinical trials and anti-CD23 antibody is now introduced in clinical trials.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
58
6
開始ページ
277
終了ページ
282
並び順
277
発行日
2002-12-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系