ID 110576
タイトルヨミ
トクシマハツ ノ リンショウ オウヨウ オ メザシタ キソ ケンキュウ : トランスレーショナル リサーチ オ シヤ ニ イレタ ショウホウ ユソウ ケンキュウ
タイトル別表記
Patient-oriented basic science in The University of Tokushima : “Vesicle transport” : from basic science to translational research and clinical application
著者
佐々木, 卓也 徳島大学大学院医学研究科生体制御医学講座分子病態学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
西村, 範行 徳島大学大学院医学研究科生体制御医学講座分子病態学分野
水野, 広一 徳島大学大学院医学研究科生体制御医学講座分子病態学分野
真鍋, 進治 徳島大学大学院医学研究科生体制御医学講座分子病態学分野
キーワード
vesicle transport
Rab
GDI
GEP
GAP
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Transfer of proteins and lipids by means of small, membrane-bound vesicles within the cell is essential for virtually all cell functions. Defects in targeting functional molecules to the appropriate destinations can render cells non-functional, thereby causing diseases. The Rab small G protein family (Rab) consists of over sixty members, and is implicated in intracellular vesicle transport, which includes exocytosis, endocytosis, and transcytosis. Rab cycles between the GDP-bound inactive form and the GTP-bound active form and translocates between the cytosol and the membranes, and these cyclical activation, inactivation, and translocation processes are regulated by at least three types of regulatory proteins (GDI, GEP, GAP). The GTP-bound form then interacts with downstream effectors and functions through them. Evidence is accumulating that Rab is a key molecule to clarify molecular physiology and pathophysiology of vesicle transport.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
59
1-2
開始ページ
2
終了ページ
6
並び順
2
発行日
2003-04-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系