アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 111212
タイトル別表記
Impact of Competitive Fe(III) Ion on the Complexation of Humic Acid and Toxic Metal Ions
著者
喜多, 郁弥 徳島大学
磯野, 成美 徳島大学
キーワード
humic acid
metal complexation
Fe3+ ion competition
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
環境中の主要な有機配位子である腐植物質の一種であるフミン酸について,金属イオン(Be2+,Ni2+,Co2+,Cd2+,Pb2+)-フミン酸錯体の見かけの錯生成定数(log β)及び静電的影響を排した真の錯生成定数(log KMA)をFe3+イオン競合条件下において決定した.Ni2+イオン及びCd2+イオンはFe3+イオン濃度増加に伴いlog βが減少し,競合の影響を受けることが示された.Co2+イオンはFe3+イオン濃度増加に対しlog βはあまり減少せず,競合の影響が小さいことが示された.Pb2+イオンはほとんど競合の影響を受けず,Fe3+イオンと異なる結合サイトに結合していることが示唆された.錯平衡モデルを用いて求めたlog KMAを基に,Fe3+イオン競合下での金属イオンの錯体生成量を見積もり,実測値とモデル計算値の比較を行った.モデル計算値はFe3+イオンの競合影響を過大評価する傾向にあることが示された.
掲載誌名
分析化学
ISSN
05251931
cat書誌ID
AN00222633
AA11681958
出版者
日本分析化学会
66
12
開始ページ
875
終了ページ
883
発行日
2018-01-11
権利情報
© The Japan Society for Analytical Chemistry 2017
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系