ID 111217
タイトル別表記
Chemical State Analysis of Al Contained in Iron and Steel Slag Using Chemical Shift of X-Ray Fluorescence Spectra
著者
山本, 知央 京都大学
宮内, 宏哉 京都大学
河合, 潤 京都大学
キーワード
スラグ
X線
配位数
アルミニウム
Slag
X-ray
Coordination number
Aluminum
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
鉄鋼スラグに含まれるアルミニウムの化学状態を分析することを目的とし,X 線分光法を用いて,Al Kα線のケミカルシフトと配位数との相関からスラグ中に含まれるアルミニウムの化学状態分析を行った.スラグ試料としては,アルニミウムを約14 ~ 31[mass%] 含む高炉スラグ及び製鋼スラグを用いた.また,実際にスラグ試料を測定する前に,配位数の既知であるアルミニウム化合物について蛍光X線分光法により,配位数とケミカルシフトとの相関を確認した.これらの結果,本研究で用いたスラグ試料に含まれるアルミニウムはいずれも4 配位型(AlO4 型)の構造であることが結論された.
抄録別表記
 In order to analyze chemical state of aluminum in iron and steel slag, aluminum contained in slag is analyzed by X-ray spectrometry after the measurement of correlation between chemical shift of Al Kα lines and effective charges. We use blast furnace slag and steelmaking slag including approximately from 14 to 31 mass percent of aluminum as slag samples. Aluminum compounds, whose coordination numbers are known, are investigated with correlation between coordination number and chemical shift by X-ray fluorescence spectrometry before the measurement of slag samples. As a result of this study it can be concluded that aluminum contained in each of slag samples are 4-coordinated.
掲載誌名
X線分析の進歩
ISSN
09117806
cat書誌ID
AN0000592X
出版者
日本分析化学会
41
開始ページ
177
終了ページ
183
発行日
2010-03-31
権利情報
©社団法人日本分析化学会X線分析研究懇談会
EDB ID
228448
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系