アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 111220
タイトル別表記
XAFS Characterization of Active Fe Species in Fe2O3-SiO2 Catalyst for Styrene Dimerization
著者
岡田, 咲紀 徳島大学
山下, 和秀 徳島大学
佐田, 知沙 徳島大学
キーワード
鉄イオン
シリカ
固体酸触媒
XAFS
α-メチルスチレン二量化
Iron ion
Silica
Solid acid catalyst
α-methylstylene dimerization
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
α-メチルスチレン二量化反応に活性を示す鉄ゾル-ゲル法にて調製した鉄シリカ触媒をX線回折およびX線吸収分光法により評価した.触媒中鉄種の存在状態は仕込みSi /Fe 比に依存し,100 以上では四面体FeOxCl4-x種,50以下ではα-Fe2O3 凝集種が主成分であり,その存在比をXANES解析により求めた.シリカマトリクスに捕捉された孤立FeOxCl4-x が活性種として機能し,固体酸性質を発現する機構について論じた.
抄録別表記
 Iron ion-promoted silica solid acid catalysts active for α-methylstyrene dimerization were characterized by XRD and Fe K-edge XANES/EXAFS spectroscopic techniques. The possible active species were proposed. The 1 mol % of iron to Si was incorporated in catalyst samples, which was prepared by sol-gel process using iron chloride and tetraethylorthsilicate (TEOS) as the sources. The incorporated trivalent iron species were characterized as tetrahedral FeOxCl4-x , and excess loaded species were aggregated to form α-Fe2O3 during drying process at 403 K. The fraction of [FeOxCl4-x], [FeCl6] and [FeO6] species in the catalyst samples were determined by the least-squares analysis of XANES.
掲載誌名
X線分析の進歩
ISSN
09117806
cat書誌ID
AN0000592X
出版者
日本分析化学会
42
開始ページ
237
終了ページ
248
発行日
2011-03-31
権利情報
©社団法人日本分析化学会X線分析研究懇談会
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系