項目名
ID 111401
タイトル別表記
クラリスロマイシンはインフルエンザAウイルスに感染したマウスにおいて、monocyte chemoattractant protein-1とmatrix metalloproteinase-9の発現誘導を抑制し、肺と心臓における病理学的変化を改善する
著者
高橋, 悦久 徳島大学大学院医科学教育部(医学専攻) 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
Matrix metalloproteinase-9
Macrolide
Clarithromycin
Influenza A virus
Multiple organ failure
資料タイプ
学位論文
発行日
2018-01-25
備考
内容要旨・審査要旨・論文本文の公開
権利情報
© 2017 The Author(s). Published by Elsevier Ltd. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license (http://creativecommons.org/licenses/BY-NC-ND/4.0/).
出典
Comparative Immunology, Microbiology and Infectious Diseases (2018) Vol.56 p.6-13
出版社版DOI
出版社版URL
文科省報告番号
甲第3122号
学位記番号
甲医第1356号
フルテキストファイル
言語
eng
著者版フラグ
博士論文全文を含む
学位授与年月日
2018-01-25
学位名
博士(医学)
学位授与機関
徳島大学
部局
先端酵素学研究所