ID 111815
タイトル別表記
The Symptoms of Oral Frailty and Physical Frailty in Every Age Group : An Investigation by Questionnaire
オーラルフレイルと身体的フレイルに関連する実態調査
著者
檜原, 司 徳島大学
キーワード
身体的フレイル
オーラルフレイル
アンケート
実態調査
加齢
physical frailty
oral frailty
questionnaire
investigation of symptoms
aging
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
本研究では身体的フレイルとオーラルフレイルに着目し,被験者自身が自覚する兆候の実態をアンケート調査を用いて検討した。アンケート調査に同意が得られた1,214名を対象とした。本研究は徳島大学病院臨床研究倫理審査委員会の承認を得て行った。身体的フレイルに関連する質問項目として,体重,疲労感,握力,活動量,歩行速度に関する5項目を,オーラルフレイルに関連する質問項目として,咀嚼や嚥下機能に加えて,残存歯,唾液,舌の機能に関する7項目を設定した。質問項目は4段階で評価させ,得点が高いほど虚弱傾向が強くなるように設定した。身体的フレイルに関連する総得点は,男女ともに60歳代が最も低く90歳代が最も高い値を示し,女性の場合60歳代の得点は70歳代と比較して有意に低い値を示した。オーラルフレイルに関連する総得点は身体的フレイルの得点と比較して,年齢階級が上がるごとに漸増する傾向が認められた。オーラルフレイルに関連する質問項目に関しては,一様の増加傾向を示す項目が多かったが,そのなかでも食べこぼし,嚙めない食べ物に関する項目の得点において,虚弱傾向を示す3点,4点を示す被験者数はともに50~60歳代間で有意に増加した。以上の結果より,オーラルフレイルにとっては50~60歳代が一つの重要な年代であり,特に「食べこぼし」や「嚙めない食べ物」に関する評価は重要である可能性が示唆された。
抄録別表記
In this study, a questionnaire survey was performed to investigate subjective symptoms focusing on physical frailty and oral frailty. A total of 1,214 subjects were enrolled with prior consent. The study was conducted with the approval of the Ethics Committee of Tokushima University Hospital(No. 2404). Five questions, comprising weight loss, exhaustion, physical activity, walking speed and grip strength, for physical frailty were asked to assess physical frailty;seven questions, comprising symptoms on mastication, swallowing, remaining teeth, saliva and tongue, were asked to assess oral frailty. All questions were evaluated on a scale of 1 to 4, with a higher score representing greater functional decline. The total score for physical frailty was lowest in the 60s and highest in the 90s for both males and females, and the score for females in their 60s was significantly lower than that for females in their 70s. On the other hand, the total score for oral frailty gradually increased with age. Scores for most questions regarding oral frailty increased with age. Especially, scores of 3 or 4 for symptoms indicating a frail condition, such as spilled food and chewing difficulty, uniformly increased until the 90s, and significant differences were found between the 50s and 60s.
The results suggest that the important age for oral frailty might be the 50s to 60s and that an assessment of spilled food and chewing difficulty might be significant.
掲載誌名
老年歯科医学
ISSN
18847323
09143866
cat書誌ID
AN10023520
出版者
一般社団法人 日本老年歯科医学会
32
1
開始ページ
33
終了ページ
47
発行日
2017-07-26
EDB ID
326200
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系