ID 112224
タイトル別表記
The Beginning and the Change of “Attractive Science” for Elementary, Junior and High School Student carried out in Extension Courses( 1994〜2016)
著者
村田, 勝夫 鳴門教育大学
資料タイプ
紀要論文
抄録
大学開放実践センターでは一般市民を対象とした講座だけでなく,小中高校生を対象とした「おもしろサイエンス」の夏季講座が開講されている。近年サイエンスへの魅力を高める類似の試みが方々で見られるようになったが,20年以上の歴史を持つ夏季講座はそれほど多くはない。この間延べ300名近くの小中高校生が夏休み中の一定期間に大学でサイエンスを体験することができた。小学生,中学生,高校生のための夏季講座はそれぞれ開設のスタート時期や中断の時期が異なるが,すでに23年が経緯しているのでその誕生から変遷を振り返ってみた。
抄録別表記
“Attractive Science” for elementary, junior and high school student has been carried out as a summer seminar in extension courses. This summer seminar has long history of 23 years although some similar seminars were carried out as spot trial for short time at other places. Approximate 300 students have been experienced at this summer seminar in extension courses. The beginning and the change of this summer seminar were considered back for 23 years.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
26
開始ページ
47
終了ページ
55
並び順
47
発行日
2017-03-31
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版