ID 112225
タイトル別表記
An Overview of Oral Pain : Orofacial Pain and Concomitant Symptoms
著者
キーワード
口腔顔面痛
歯原性歯痛
非歯原性歯痛
Orofacial pain
Odontogenic toothache
Non-odontogenic toothache
資料タイプ
紀要論文
抄録
口の痛みには歯原性歯痛・非歯原性歯痛などがある。前者は歯を原因とする歯痛であり,従来の歯科治療(つまり歯を削る・抜くなど)によって対応可能で,これまで問題視されることはなかった。後者は歯を原因としない歯痛であり,従来の歯科治療は奏効し難く,対応に苦慮することが多い。これに鑑み,米国において新しい疾患概念「口腔顔面痛」が提唱され,本邦においても,その対策は喫緊の課題とされる。また,口腔顔面痛は随伴症状を有することも多い。その原因や症状は歯科領域に止まらず,内科・外科・精神神経科領域など多岐にわたり,的確な判断と対応が求められる。
抄録別表記
Oral pain may be due to odontogenic toothache, non-odontogenic toothache, or other causes. Odontogenic toothaches can be resolved by conventional dental treatments, but non-odontogenic toothaches are refractory to such treatments; dental practitioners have not yet devised a way to deal with them. In light of these circumstances, a new disease concept, orofacial pain(OFP), was advocated in the United States. OFP is an urgent issue to be resolved in Japan, too. Individuals with OFP frequently present with concomitant symptoms, and these causes and symptoms of OFP are associated not only with dentistry but also fields of study such as medicine, surgery, and psychology. Appropriate clinical judgements and actions are required to deal with cases of OFP.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
26
開始ページ
57
終了ページ
66
並び順
57
発行日
2017-03-31
EDB ID
335522
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系