ID 112229
タイトル別表記
Reconsideration of Diagnosis of Glossalgia
著者
キーワード
舌痛症
診断
Glossalgia
Diagnosis
資料タイプ
紀要論文
抄録
舌の痛みを伴う疾患(舌痛関連疾患)は数多く,それらを正確に鑑別診断することは必ずしも容易ではない。なかでも,舌痛症は舌痛などの舌症状を訴えるものの,それに見合う肉眼的変化がないものとされ,一次性(原因が明らかでないもの)と二次性(原因が明らかなもの)に分類される。二次性舌痛症は原因療法によって緩解または治癒が期待されるが,奏効しないこともある。今般,われわれが経験した五苓散(ゴレイサン)と加工附子末(ブシマツ)製剤を併用した本症の3例を参考にして,舌痛症の診断を考察した。
患者は女性3名,53~78歳,舌痛を自覚して来院した。二次性舌痛症(口腔乾燥症)の診断下に五苓散が投与されるも著変なかった。次いで,加工附子末製剤が投与されると,痛みは緩解した。これら漢方薬の併用は本症に対して有効であった。したがって,本症例の病態は口腔乾燥よりも難治性の痛みが反映されているものと考えられた。
抄録別表記
There are many kinds of diseases that can cause glossalgia, and it is not always easy to determine the differential diagnosis. Glossalgia is characterized by tongue pain without pathological changes, and divided into primary and secondary glossalgia. Secondary glossalgia is defined as glossalgia that has a clear cause. Causal therapies for secondary glossalgia are expected to relieve or cure its symptoms; however, they do not produce favorable responses in refractory cases. We treated several patients with secondary glossalgia treated with concomitant goreisan and powdered processed aconite roots (PA), and considered diagnosis of glossalgia. The patients were 3 females aged 53 to 78 years who presented at our hospital due to glossalgia. They were diagnosed with secondary glossalgia caused by xerostomia. The administration of goreisan did not produce a favorable response in any of these patients. The addition of PA remarkably relieved the glossalgia in each patient. This concomitant medicines may be useful for secondary glossalgia. Therefore, pathological conditions of these cases may be featured by intractable pain rather than xerostomia.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
27
開始ページ
41
終了ページ
47
並び順
41
発行日
2018-03-31
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系
病院