ID 112360
タイトル別表記
Subjective evaluation of swallowing screening test by speech therapists
著者
松尾, 貴央 関西福祉科学大学|徳島大学
中谷, 謙 関西福祉科学大学
前田, 留美子 関西福祉科学大学
福永, 真哉 川崎医療福祉大学
キーワード
RSST
MWST
SSA
TOR-BSST
主観的評価
subjective evaluation
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
目的:本研究は言語聴覚士の主観的評価により,4種の嚥下スクリーニングテストを臨床における使用感の良さという観点から順位付けすることを目的とした.
方法:評価対象の嚥下スクリーニングテストは国内で多用されるRSSTとMWST,主に国外で使用されるStandardized Swallowing Assessment(以下,SSA)とThe Toronto Bedside Swallowing Screening Test(以下,TOR-BSST)の4種とした.臨床経験のある言語聴覚士27名(平均臨床経験年数5.2±3.5年)に,独自に作成した教則ビデオにて3症例の嚥下機能について,各テストを用いて評価させた後,4つのテストをそれぞれ2対に組み合わせ,「どちらのテストがより優れていると感じますか」と二項選択式にて質問し,選択させた.サーストンの一対比較法によるZ平均値から順位付けを行った.
結果:Z平均値はTOR-BSST 0.820,SSA 0.816,MWST 0.082,RSST-1.786となった.
結論:言語聴覚士の主観的評価によれば,臨床において使用感の良い嚥下スクリーニングテストはTOR-BSST,SSA,MWST,RSSTの順であった.
抄録別表記
Objective:The purpose of this study subjective evaluated four swallowing screening tests by speech therapists’.
Methods:Twenty-seven speech therapists evaluated three dysphagic cases on video records with four screening test ; RSST,MWST,SSA, and TOR-BSST, and then administered the alternative formats. Thurstone’s paired comparison method was used to select one of the useful tests.
Results:The mean Z scores of the paired comparison method were as follows:
TOR-BSST, 0.820;SSA,0.816;MWST,0.082;and RSST,-1.786.
Discussion:The results indicated that comprehensive evaluation method, including a water consumption test, was required.
Conclusion:TOR-BSST was selected as the most useful among the four swallowing screening tests by speech therapists’.
掲載誌名
言語聴覚研究
ISSN
13495828
cat書誌ID
AA12137085
出版者
一般社団法人日本言語聴覚士協会
14
1
開始ページ
40
終了ページ
46
発行日
2017-03
EDB ID
329493
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
著者版
部局
歯学系