ID 112915
タイトル別表記
EVALUATION OF THE BICYCLE SAFETY TREATMENTS OF LEFT-TURNING VEHICLES AT SIGNALIZED INTERSECTIONS USING DRIVING SIMULATOR
著者
溝口, 諒 若築建設(株)
永松, 啓伍 徳島県
キーワード
intersection design
bicycle
left turn conflict
driving simulator experiments
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
自転車事故の約7割が交差点で発生しており,信号交差点では自動車右左折時の巻き込み事故がその約6割を占めている.平成24年度の「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」では自転車直進時の左折巻き込み防止のための交差点レイアウトを示している.今後自転車通行帯整備にあたっては,直進自転車と左折車の安全性を考慮した交差点処理方法が重要と考えられる.本研究では,信号交差点における車道走行の自転車を考慮した安全施策の評価を目的としている.施策として「分離方式」「混在方式」の2パターンをとりあげ,協調型ドライビングシミュレータを用いた実験により自転車と自動車の挙動,被験者の不安感を分析した.この結果,混在方式が安全性の面で優れているが,利用者の不安感の面では課題を残していることが明らかになった.
抄録別表記
Around 70% of bicycle accidents in Japan occur at intersections. At signalized intersections, 60% of bicycle accidents are crashes with left or right turn vehicles. The Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism (MLIT) and the National Police Agency (NPA) published “Guideline for creating a safe and comfortable bicycle friendly environment” on November 29th, 2012. This guideline mentioned basic strategy of the layout of intersections to consider the prevention of crashes of cycling on carriage way and vehicles turning left. In order to promote bicycle friendly streets, it becomes important to design intersections especially safe for the bicycles to left-turning vehicles in Japan. The aim of this study is to evaluate the bicycle safety treatments for left-turning vehicles at signalized intersections by employing the experiments in virtual reality of driving and cycling simulator. Comparing with junction layouts; segregation policy and mixture policy from viewpoints of vehicle and bicycle behavior, safety sense, and TTC, it is found that the mixture policy is safer but has disadvantage for keeping cyclists’ safety sense to the vehicles.
掲載誌名
土木学会論文集D3(土木計画学)
ISSN
21856540
出版者
公益社団法人 土木学会
73
5
開始ページ
I_717
終了ページ
I_722
発行日
2017
備考
掲載巻号の別名:土木計画学研究・論文集第34巻
EDB ID
335826
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系